廃車の種類によってやり方が違います

廃車の方法について

廃車の方法について 廃車は車を利用しない、動かない、事故車などさまざまなケースがありますが、手続としては車自体をリサイクル業者に処理してもらう、陸運局での手続を行うことで完了します。
廃車には一時抹消と永久抹消があります。
一時抹消は車をばらばらにせずに売却したり、コレクショクションとして残したりできます。
ナンバープレートを返すだけなのでいつでも車検を取り直して乗ることができます。
永久抹消の場合はリサイクル処理が終わらないとできないので、廃車手続きが完了するまで時間がかかるケースが多くなります。
これらの方法は個人でも対応可能ですが費用がかかり、また、手続が難しい場合も多いので業者を利用する方が多く、手数料がさらにかかることになります。
しかし、どのような車の状態であっても買い取って無料で廃車処理してくれる業者が多くなってきています。
これらの業者は無料で処理をしてくれる方法としてインターネットなどで人気があり、手続もとても簡単です。

無駄な経費がかからない廃車のタイミングを。

自動車を廃車にするには様々な理由があります。
買い換えのタイミングに合わせてなら下取りをしてもらう等で買い換えた業者にお願いしてしまうのがお薦めですがもう乗っていなかったりする場合には出来るだけ早く手放す方が賢明です。
自動車を所有しているだけで保険や税金がかかっています。
税金としては重量や区分に応じて課される国税である自動車重量税と地方税である自動車税の二種類があります。
自動車重量税の場合、もう二度と乗らず永久抹消登録をし車検までの有効期限が残っていればその分が還付されます。
軽自動車の場合は返納届けをすれば還付されます。
条件としては車検までの残存月数が一ヶ月以上で自動車リサイクル法に基づいた廃車がなされている事です。
自動車税の場合も還付されますが軽自動車の場合は還付制度はありません。
4月1日の時点で所有していれば一年分の税金が確定してしまうので軽自動車の場合は特に3月末までに廃車のタイミングをあわせられるようならその方が無駄な経費がかからなくて済むようです。