ローンが残っている自動車

廃車に積んでいた荷物が処分された場合

廃車に積んでいた荷物が処分された場合 自動車を何らかの理由で廃車する際、状況によっては荷物を積んだままやむなく処分手続きする事も有るでしょう。
しかし、後になって廃車に積んでいた荷物が必要な物だったと気が付いて、返してもらいたい場合に、その荷物が処分されてしまっていたり、行方不明になってたらどうすれば良いでしょうか。
事故などで急いで自動車を処分しないといけない場合、気の利く業者であれば、同乗の荷物の要不要の確認を持ち主にするでしょうが、そうでもない場合は、不要な物として扱われても仕方が有りません。
むしろ、自動車以外の物は引き取る業者にとっては不用品ですから、処分するにも費用をかけて行う事になり、業者側にメリットは有りません。
そのような事から返却を求める事を考えますと、処分した業者に連絡して、まだその物が有るかどうか確認して、無いなら弁償してもらえるかどうか、出来る場合はその条件などを決める事です。
この場合、裁判で物に対する慰謝料はまず認められないので、業者とやりとりした結果に委ねる以外に無いのが実情です。

廃車手続きに要する日数について

乗っていた自動車を廃車にする際には、ディーラーや中古車、または廃車専門業者などに依頼する方法が一般的とされています。
手続きについては、印鑑証明と必要書類が揃っていればそこまで日数はかからず、1週間程度となっています。
流れとしては依頼をする業者を決め、自動車の引き取り方法を電話などで確認し、必要書類を提出、そして依頼先が手続きを代行します。
 そして全てが完了した後に、依頼主のもとに抹消登録証明書が送付されます。
この一連の流れのなかで、引き取り方法を自宅からレッカー車などで依頼先に送るという方法にすると、その期間に他方からの依頼が多い場合は引き取るまでに時間がかかる場合もあります。
  一方で、廃車を予定の車がまだ動き、業者まで運転していける場合は引取りまでに要する日数はなく、またその分費用が安くなります。
また、車検証所有者欄が本人ではなく会社のものになっている場合、所有者登録の解除などで平均より日数がかかります。