廃車の種類によってやり方が違います

廃車の時のリサイクル料、いつ払う?

廃車の時のリサイクル料、いつ払う? 現在、リサイクル料を支払っていない車は廃車ができなくなっています。
リサイクル料は新車を購入した場合、その車を初めて車検に通した場合、車を廃車する場合のいずれかのタイミングで支払いを行わなければなりません。
現在はほとんどの車が新車で購入した時に支払い済みになっているため、廃車をする時には支払う必要はないケースがほとんどです。
リサイクル料は車を解体するときに出るエアバッグ、エアコンのフロンガス、その他のごみを処分するための費用として使われるもので、最終的に費用を負担するのは最後の所有者です。
1オーナーの場合には購入した人が支払うことになりますが、中古車などで車の所有者が何人も変わった場合には最終的な所有者が支払いを行うもののため、中古車として売り渡す人はリサイクル料を次の所有者からもらって良いことになっています。
車の費用だけで渡してしまうと損をしてしまうため、中古車として手放す場合には忘れずにもらうようにしましょう。

自走できない車の廃車にはレッカー移動が必要

愛車を廃車にするには費用がかかりますが、その車が自走できるかどうかによって、費用が異なってきます。
自走できる車を廃車する場合には、その車の車庫まで業者に取りに来てもらって、そのまま業者が運転していけばよいことになります。
しかし、自走できないような状態の場合、その車を移動させるためにレッカー車を用いる必要があります。
従って、その分だけ余計に費用がかかります。
レッカー車を用いるために必要な費用は、引き取り業者から車庫までの距離にもよりますが、約1万5千円程度かかります。
廃車のためのそのほかの費用は、諸手続きを業者に依頼すれば約1万円、解体費用が車の状態にもよりますが、1万円から3万円程度かかります。
従って、自走できる状態ならば、諸手続きを自分で行えば最低1万円程度で済むのに、自走できない状態だと、最低でも2万5千円程度かかることになります。
そこで、乗らなくなったり、故障等で乗れなくなってしまった車を廃車にするのならば、自走できる状態のうちに決断する方がお得です。

 
CONTENTS
bottom