ローンが残っている自動車

廃車を無料で引き取りしてくれる

廃車を無料で引き取りしてくれる 自動車を廃車にするときには費用が掛かってしまいます。もう乗らない車ではありますが、車を解体するための費用などが掛かってしまうので、支払いをするのがもったいないと感じてしまいます。
現在、廃車を無料で引き取ってくれる会社があります。日本では走行距離が多くなってきたなどの理由で廃車になってしまうものを無料で引き取り、海外へ輸出しているのです。状態が良いものの場合には買取を行ってくれるケースもあります。
これは日本では走行距離が多いと感じてしまう10万キロであっても、回外ではまだまだ現役で走れるため、人気があるのです。
海外へ輸出しないケースの場合には、解体してパーツを再利用することがあります。古い年式の車の修理を行う場合や、新品のパーツを使うと高額になってしまうため、修理の費用を抑えたい場合などに利用されています。
そのため、年式が古かったり走行距離が多すぎるものでも廃車にして費用を払うよりも買い取りを行ってもらった方がお得になります。

ローンが残っている自動車の廃車

残債つまりローンが残っている自動車は通常売却できません。また、廃車も原則として出来ないでしょう。
これには理由があり、通常において自動車を所有権留保付き売買つまりローンを組んで購入をしている場合、車検証上の所有者がローン会社などになっています。廃車をする場合には、所有者の了解が必要で、その所有者の印鑑登録証明が必須となっています。
つまり、所有者が所有権留保の解除に了解を示さなければなりませんが、ローンが残っていればそのことについてまずは残債を全て返却するように言われます。
したがって、廃車をしようにもすぐには出来ない状態があり得るわけです。
廃車できなければ、税金などもずっと課税され続けます。都道府県や市町村によっては、その地域の税金に関する条例等で課税を保留する制度を導入している場合があります。
自動車のナンバープレートなどの返還により、税金の課税をストップするという制度ですが、地域差があり、この制度のあるところとないところとに分かれています。

 
CONTENTS
bottom